メタボリックシンドロームとは  ― 内臓脂肪CTのご案内 ―

日本人の三大死因は、がん、心臓病、脳卒中です。
そのうち心臓病と脳卒中を合わせた循環器病を引き起こす原因は「動脈硬化」です。
「動脈硬化」を引き起こす危険因子というコレステロールが知られていますが、 最近の研究で肥満(特に内臓のまわりに脂肪が蓄積した内臓肥満)がさまざまな生活習慣病を引き起こし、 「動脈硬化」の原因となることが分かってきました。

内臓脂肪CT画像

内臓に脂肪が蓄積し、高血圧症・高脂血症・糖尿病などの生活習慣病が起きやすい状態が 「メタボリックシンドローム(内蔵脂肪症候群)」です。


上の絵はCT検査によって腹部を撮影したもので、青色の部分が皮下脂肪赤色の部分が内臓脂肪 です。

また内臓脂肪がどの程度蓄積されているかは、ウエスト長だけでは分かりません。
下の絵は、両者ほぼ同じウエスト長ですが、内蔵脂肪面積は3倍以上も異なっています。

内臓脂肪CT画像

メタボリックシンドロームを事前に予防しませんか?

検査時間は約3分で、結果も検査終了後5分程度でお渡し致します。
検査料は3,080円となっております。

検査結果は以下のような形となります。
(クリックで結果サンプルのPDFファイルが開きます)

内臓脂肪測定結果1
内臓脂肪測定結果2

検査を希望される方やご質問などがございましたら、当院放射線室 ( TEL : 0834-61-2500(代) )にてお申し込み・ご相談ください。



TEL:0834-61-2500(代)
FAX:0834-61-2501
HOME / サイトマップ / 住所: 〒746-0017 山口県周南市宮の前2-3-15