入院医療費の計算について

当院は、2020年4月1日から厚生労働省が推進している「DPC:急性期入院期間別包括評価」の対象病院となり、 入院費の計算については、従来の出来高による積み上げ方式からDPC(診断群分類)による包括評価方式へ変更となりました。

DPC(診断群分類)による包括評価とは

厚生労働省が定めた方法により、患者さんの病気を分類し、その分類に従って1日当たりの診療報酬点数を入院した日数に応じて算定します。
この点数の中には、入院基本料、検査、画像診断、投薬、注射、処置料などが包括されています。
ただし、手術、リハビリ、内視鏡検査や退院時に処方される薬などは、従来通り出来高評価となり、 患者さんへの請求は、包括部分と出来高部分を組み合わせて入院医療費を計算します。

DPC請求

注意事項

原則として全ての入院患者さんが新(DPC)方式の対象ですが、以下の患者さんなどにつきましては従来(出来高)方式となります。

・ 交通事故等の自由診療
・ 地域包括ケア病棟へ入院した場合(地域包括ケア病棟に入院している期間)
・ 病気と治療内容の組み合わせにより新(DPC)方式の対象外となる場合
・ 特定の期間を超えた入院(一定期間を超えた後から出来高算定となります)

新(DPC)方式では、1回の入院期間を通して「医療資源を最も投入した病名」をもとに入院費を決定するため、複数の病気がある場合でも1つの診断群分類で計算します。
また、入院中に病名が変わった場合などは、退院時に過不足を調整することから、退院の月だけ請求金額が高額になったり、低額になったりすることもあります。
定時請求は毎月1回(10日すぎ)のみになります。高額療養費の取り扱いは今までと変わりません。

DPCに関するQ&A

新(DPC)方式で算定すると、医療費は高くなるのですか?安くなるのですか?


患者さんの「病名」と治療内容により1日あたりの医療費が変わるため、従来(出来高)方式と比べて高くなる場合もあれば、安くなる場合もあります。

新(DPC)方式の対象となる病気でも、従来(出来高)方式で計算は出来ますか?


できません。
原則としてDPC対象病院では一般病棟に入院される全ての患者さんが新(DPC)方式での請求となりますのであらかじめご了承ください。

入院中に診療科が変わった場合の医療費の計算はどうなりますか?


新(DPC)方式では、1回の入院期間を通して「医療資源を最も投入した病名」をもとに入院費を決定するため、診療科が変わった場合でも1つの診断群分類で計算します。
また、手術をした病気と異なる診断群分類での請求となるケースも考えられますので、あらかじめご了承ください。

退院後すぐに同じ病気で再入院となった時はどうなりますか?


退院後7日以内に同じ病気で再入院し、一連の入院とみなされる場合には、入院が継続していると考えます。
このため、複数回の入院でも1回の入院期間とみなし、1つの診断群分類で入院費が決定されることがあります。



TEL:0834-61-2500(代)
FAX:0834-61-2501
HOME / サイトマップ / 住所: 〒746-0017 山口県周南市宮の前2-3-15